微笑む女性

東京の美容外科に行く前に確認しておくこと|失敗しないために知る

ふくらはぎを細くする

医者とナース

東京の女性で美脚に憧れる人も多いと思います。また足が太くてコンプレックスに感じてしまうと隠れるような服しか着られなくなるので、ファッションのレパートリーが少なくなり楽しみが減ってしまいます。美脚になれれば、スカートやショートパンツなども堂々と履きこなすことができるようになります。しかし足だけのダイエットはなかなか難しいものになります。少しでも早く足のコンプレックスを解消する方法には脂肪吸引があります。ここでふくらはぎの脂肪吸引について見ていきましょう。

脂肪吸引といえばお腹や太ももに行われるイメージが強いですが、脂肪があればいろんな部位で受けることができます。しかし、ふくらはぎはお腹や太ももに比べて脂肪が少ない部位でもあるので、人によっては大きな差は出ない可能性もあります。ふくらはぎの脂肪吸引では細くなるだけではなく、無駄な脂肪がなくなることでむくみにくくなるというメリットもあります。ふくらはぎはむくみやすい部位になるので朝と夕方ごろでは全然足の太さが違うなんてことも経験した事がある人は多いはずです。東京の美容外科で脂肪吸引を受けることでむくみの悩みも解消できます。脂肪吸引の手術では切開するので傷がでますが、目立たないように膝の裏や足首などを切開します。そこから吸引する管をいれて脂肪を吸い取っていきます。手術の時間は約30分から60分になります。脂肪の量が多い人は術後すぐに細くなったことがわかりますが、それからダウンタイムに入っていきます。痛みや腫れは3日ほど続きます。痛みは東京の美容外科で処方される薬で抑えることができます。それから1週間くらいは筋肉痛のような痛みが続き、むくみが出ることもあります。2週間ほど経つと痛みはほとんどなくなりますが押したり、ふくらはぎに負担をかけるようなことをすると痛みます。また、あざや内出血が出てくることもありますが、結果に影響することではなく、ダウンタイムの症状の1つなので特に問題はないでしょう。あざや内出血は徐々に良くなっていき、美容外科で受けた手術から1ヶ月ほどで手術の効果が出てきて足が細くなったことを実感します。多少のツッパリ感や硬い部分が残ってしまいますが、3ヶ月ほどで完成します。ダウンタイム中は医師の指示にしっかりと従い、圧迫やマッサージなどをしっかりと行うようにしましょう。手術後にでこぼこが残ったり、全く細くなっていなかったり、傷跡が目立つということはほとんどありません。東京で脂肪吸引の技術力が高く、経験豊富な医師を探すことで安心して手術を受けることができます。自分に合った美容外科を見つけましょう。