微笑む女性

東京の美容外科に行く前に確認しておくこと|失敗しないために知る

バレない二重整形

婦人

美容外科で二重手術を受けると術後に目が腫れてしまいます。腫れは1週間で少し落ち着きますが、約1ヶ月は多少の腫れが残っている状態が続きます。目の二重手術は東京などどの美容外科で受けても必ずと言っていいほど起こる症状です。収まるまで人に合わないという人はいいかもしれませんが、そういう訳にもいかない人の方が多いでしょう。しかし、腫れた状態を人に見られると整形した事がすぐにバレるかもしれないと不安になってしまいます。そのため、どうしても言い訳などを考えてしまいますが、目が腫れたときの対策はどのようにしたらいいのでしょうか。
二重手術には切開法と埋没法という手術方法があります。この方法は東京の美容外科でも行っています。切開法はその名の通り目を切ってから二重まぶたを作り出す方法で半永久的に効果を期待できます。埋没法はまぶたを髪の毛よりも細い糸で縫って二重を作る方法です。切らずに二重にできるので、切開法よりも腫れることはありません。ダウンタイムも2日から3日と短いのであまり人に会わなければバレにくいです。しかし、どの手術を受けても二重まぶたについて調べたことがある人や、怪しく思ってネットなどで調べられると気づかれてしまうこともあります。バレる理由というのは腫れだけではなく、切開法の傷跡を見られていたり、内出血が出たりすることでもバレる場合があります。堂々と「二重の整形をした」といえたら楽ですが、どうしても言えない人はバレないための対策を考えましょう。

東京の美容外科で二重の整形手術を受けたときにバレないようにする対策はいくつかあります。手術を受けた直後はメイクをすることができないので、サングラスで完全に目が隠すとバレにくいです。手術当日から翌日はサングラスをかけて移動して、必要以上は家にいるといいでしょう。切開法は術後1週間、埋没法は術後1日でメイクすることができるので傷跡などを隠すことができます。また、おしゃれメガネをかけるのもいいでしょう、メガネに目が行くので目元の注意を反らすことができます。腫れているときに人に会うとどうしても腫れの原因を聞かれてしまいます。その時は「前の日に号泣した」「ものもらいかもしれない」「逆さまつ毛だったから治療した」などの言い訳でごまかすことができるかもしれません。また手術前も対策することができます。急に目が腫れて二重になるのは不自然なので、手術前はしばらくアイプチをして過ごすことで術後の二重も気になることはありません。また腫れもアイプチによるものと誤魔化すことができます。それから、髪型を変えて目と同時に印象を変えてしまう方法でも全体的に雰囲気が変わるので目元だけに注意を浴びることもなくなります。前髪をまぶたのラインで切ることでも分かりにくくなります。このようにいろいろと対策があるので、東京の美容外科で安心して二重手術を受けることができます。