微笑む女性

東京の美容外科に行く前に確認しておくこと|失敗しないために知る

まぶたの厚みを除去する

レディ

まぶたが腫れぼったく、厚みがありむくみやすいなどの悩みを持っている人は、まぶたの脂肪吸引で解消することができます。まぶたの脂肪吸引は、眼窩脂肪または隔膜前脂肪を除去することで厚みを薄くすることができますが、まぶたの厚みの原因は眼窩脂肪や隔膜前脂肪だけではないので、除去してもあまり効果を実感できない人もいます。東京にある美容外科の中にはまぶたの脂肪吸引だけは行っていないところもあるので、まずはカウンセリングでしっかりと話を聞く必要があります。ほとんどのクリニックでは埋没法と一緒に行うと効果が高くなるので、セットになっていることが多いです。まぶたの脂肪吸引の手術方法は、まぶたを数ミリ切開してから脂肪吸引をして取り除きます。取り除く脂肪の量が少ないこともあり脂肪吸引だけではあまり変化を感じない人がいるようですが、二重まぶたと並行して行うといいでしょう。まぶたの脂肪吸引を行うメリットとしては、腫れぼったさをなくすことができ、むくみにくいまぶたにすることができます。また、埋没法とセットで手術を受けると、整形した二重の持続期間が長くなる効果もあります。もともと二重の人は変にラインが増えたり、不自然な二重になったりすることはありません。逆にデメリットというと、隔膜前脂肪が原因でまぶたが厚くなっている場合は眼窩脂肪を取り除いても意味がありません。また、脂肪を取りすぎると、目の上にくぼみができてしまいます。技術的な問題になるので、東京にある美容外科を選ぶ際は、まぶたの脂肪吸引に関して十分な知識と経験、技術力がある医師のいるところを選ぶようにするといいでしょう。
美容整形で気になるのはダウンタイムです。特に東京の美容外科で顔の手術を受けるとしばらく人前に出るのは避けたい人もいるでしょう。手術から完全に良い状態になるまでには3ヶ月ほどかかります。手術後は腫れや痛みがありますが、処方される薬で抑えることができます。また、拭き取りで落とせるメイクなら当日でも使用できます。痛みが強く出る人もいるので、その場合は保冷剤などで冷やすと和らげることができます。手術の翌日にはシャワーを浴びることはできるが、入浴は控えるようにしましょう。洗顔は水洗いで行うことができます。手術後2日目は抜糸を行います。傷は手術当日と比べるとだいぶ落ち着きます。日常生活に支障はありませんが、激しい運動などはさけましょう。抜糸の翌日からは洗顔料を使っての洗顔と入浴が可能になります。また、通常のアイメイクやコンタクトレンズの使用も出来るようになります。それから徐々に状態が良くなっていき、1ヶ月ほどで傷や赤みが目立たなくなり、自然の状態に近づいていきます。ダウンタイムに不自然さや異変を感じたらすぐに東京にある美容外科の担当医師に相談しましょう。